2018/01/22

「猫と魔法の飴玉店ver2」を公開しました

処女作「猫と魔法の飴玉店」がバージョン2になりました。
旧バージョンでは猫人専用など使用条件が設定されているスキルばかりでしたが、今回すべての条件を廃止したので誰でも使えます(猫人が使った時に多少優遇)。
それに伴い解説の修正やバランス調整、バグの温床となっていたカード使用時イベントを修正したので、申し訳ありませんが購入済みの方はユーティリティより更新してください。
また「猫飴next版」「ハーブの庭の妖精たち」を統合&新スキル「ぼおし技能」も追加しました。

これにより、このシナリオで購入できるスキルの種類は、
旧「猫と魔法の飴玉店」の猫人スキルが21種類×適正4種
「ハーブの庭の妖精たち」の妖精スキルが器用・精神適正の各6枚
手品・マジシャン向けスキル「ぼおし技能」が生命力適正6枚となりました。

最終更新 2018/01/23 「猫と魔法の飴玉店ver 2.01」DL

【更新内容】
▼「あんこおる」を下方修正。
▼「でておいで」の選択肢をわかりやすく。
▼「ねこの手」「ねこまた召喚」の召喚獣適正がすべて同じになっていたのを修正。
▼readmeの参考にしたシナリオに抜けがあったので加筆。


***********************

自分で描いた素材も公開しています 一括DL

【素材の内容】
統合して数が多いので新規追加分だけご紹介。
ステッキ、観客、紙吹雪、うさぎ、獏

(旧「猫と魔法の飴玉店」「ハーブの庭の妖精たち」の素材は過去記事で紹介しています。)


2018/01/16

カードワースシナリオ「ビホルダーの遺跡」感想

作者:くろすけさん
レベル:4~6

タイトルからてっきり…と思わせておいて、想像してたのとは全く違う依頼っていうのが面白いですよね。
私は目的があってこの作品を見つけたのでプレイ時の驚きはありませんでしたが、それでもファーストコンタクトの面白さは印象に残りました。もうこの時点で好き!

探索シナリオでザコ戦やトラップがちょっとうざいですが、ちゃんと意図して設計してあるというのがわかるつくりです。
丁寧に探索しないと先に進めない手ごわさもあり、盗賊や鑑定&解錠が大活躍しました。
ただ、ザコ戦を逃げるとバグる箇所もある(階段を下りて隣の部屋に入ったところだったかな?)ので、こまめにセーブするか全部倒すかした方が良いかも。

1回目のプレイはギリギリクリアして「やったー!」と思いきや、目的が達成できず脱力してしまいましたが、やりがいのある面白い探索シナでした。

<以下、ネタばれ注意>


ビホルダーのジョニーと機甲兵のシンをやっと仲間にできました!!
1回目は条件を満たしてなかったせいでお迎えできなかったんですよ~。5人未満でクリアしなきゃいけないとか、攻略テキストにも載ってなかったし…。でも、困難を乗り越えての連れ込みで、思いっきり愛着がわきそうです。

困難と言っても、実は火晶石の強化アイテムを使いまくったんですけどね(汗)
レベルを上げてから出直そうと別のシナリオを遊んでいたんですが、ふと自作の荷物整理シナリオで魔法属性にも有効な全体攻撃アイテムあったよなぁと思い出して(笑)

…二回目なのに攻略テキストがないと進められなかったりしましたが、ラスボスは楽々勝利~!
今まであまり攻撃アイテムは使ってこなかったけど、有効活用して困難な場面も余裕で乗り越える冒険者というのもカッコいいです。これからはもっとガンガン使っていこう。

ちなみに、二人をお迎えした時の親父さんと娘さんの反応が面白かったです。
すでにシモンサーカス団は人外ばっかりだけど、さすがにビホルダーと機甲兵という遭遇したくない敵の上位に入りそうなモンスターだとビビるのね(笑)

2018/01/13

カードワースシナリオ「お嬢様と伯爵」感想


作者:蜂蜜御飯(ハチミツ ユメピリカ)さん
分類:人間の女性1人用吸血合戦シナリオ

ちまたで噂のジャック君が気になったので新しいPC(下賤の出・秀麗・利己的・お人好しetc.な踊り子)を作ってプレイしてみました。
…確かにこれは!連れ込まざるを得ない!!

いやもう、ゲームシステムとかもすごいんですが、ジャック君の献身っぷりに完全にやられましたね。マルチエンドで繰り返しプレイ推奨なので、エンディングを見るたびにジャック君の色んな面が見えて、お嬢様にとってかけがえのない存在になっていくのが…!
結構頭を使うゲームで後略のヒントが無かったら挫折しそうだったものの、この二人の…いや、皆の幸せな姿が見たくて頑張れました。

最後にたどり着くハッピーエンドは本当にもう文句なしのハッピーエンドで、頑張ったかいがあったなぁと感慨深くなります。おかげで新しく作ったばかりのPCのイメージが固まって、すごく愛着湧きました。
あの街の人たちも個性的で、それぞれ事情などが垣間見えていく過程が面白かったです(街に取り残されて、あの後どうなるのか気になりますが…汗)

システム的にも色々凝っててやりごたえあったんですが、眷属にした人の能力の使い方がよくわからないところは困りました。失敗することもあるらしく、住民を呼び出す系の能力を使った後どこに行くと発動するのか(したのか)わからないし、同系統の能力を全部使ったら相乗効果があるのかもわからないんですよね~。成否を表示するか、ジャック君に具体的な使い方を教えてもらいたかったです。

地道に足で調査するのが好きな方や、吸血鬼ものが好きな人におすすめの作品だと思います。

2018/01/10

「ヒバリ村の救出劇」感想

作者:伊礼さん
ジャンル:探索戦闘

アスパラのカッコいいところが見たくて再プレイしてみました。やっぱり面白いです。
どこを調べても色々しゃべってくれるから調べがいがあるし、内容が濃いんですよ。ここで何があったか、誰がどう行動したのかがありありと伝わってきます。
また、調べたり解読したりPCたちの行動で色んな所が変化していくので、内容がわかっていても「あれ、前と違う!?」ということがあったり。ラスボスの対処の仕方も色々あって、毎回どうやって切り抜けようか悩んでしまいます。

それに、PCたちがめちゃくちゃカッコいいんですよ。とくに報酬の先払いや首飾りを受け取り拒否した時とか!
村長や母親、ねずみさんとのやり取りもカッコよくて毎回痺れます。
あと、全部のイベントを見るともらえる称号が10種類くらいの中から選べるのが嬉しいです。今回は「物語りの探求者」にしてみました。

しかし、アスパラの幽霊に「せっかく立派な墓石をたてたのに」はシャレにならないって(笑)

2018/01/07

カードワースシナリオ「恐怖の八百屋さん」感想


作者  :ヤイさん
ジャンル:ホラー風(ギャグ)店シナリオ

店シナで連れ込みができるということでサクッと終わると思いきや、思いっきりボス戦で苦戦させられました。何戦しても終わらない混乱カード&恐慌地獄(笑)
一応、混乱対策として敵単体に絶対成功する「忘れ水の都」の魔法無効化スキル「深淵結界」を用意してきたので、なんとか勝てそうなところまではいったんですが、時間制限があって何度泣きを見たことか!
何回も何回も戦った後、やっと攻略テキストに気付いてなんとか倒せました。…うん、フォルダの中はちゃんと確認しておこうね?

にしても個性的なシナリオです。展開が全く読めないし、ホラーな野菜たちの個性的な姿は一度見たら忘れられません。
にんじんの最終形態とか悪夢を見そう!
でもよく見ると愛嬌あるし、コミカルなやり取りが楽しいし、美味しく食べてもらえなかった野菜たちの無念も伝わってきて憎めないんですよね。
アスパラも最初は不気味だと思ってたのに、一緒に死線を乗り越えて今では可愛く感じます。シモンサーカス団では初の不浄な存在なので(ごおすとにはついてない)、神聖属性攻撃に気を付けないと!

2018/01/04

カードワース「リューンポリタン美術館」感想


推奨レベル:3~4
作者:psaさん

賢者の塔からの依頼でマジックアイテムが納められた美術館の警備を一晩行うシナリオ。
たった一晩のことなのに密度が濃いですね~。
美術品もそれぞれ個性的で見て回るだけでも面白いし、占いみたいなことや力試しなどができる展示品もあって警備だということを忘れます。…レベルが低い子もいたので、危なそうなのには触りませんでしたが。

たまに戦闘もあって緊張感があります。ラストの人喰いは4人で挑んだら結構辛かった!
ただでさえ人数少ないのに、どんどん吸い込んこまれて涙目に。確か5回目くらいで倒せたのかな?
挑むのが早すぎました…。

その後、メイン宿でもプレイしてみたら、むしろ罠は発動した方が良かったかも?
タライトラップに引っかかるマジックアイテムの図が笑えました。
海の魔物も解放してみたら、ちょっぴり可哀そうなことになったり(汗)
恐れず色々触ってみる方が楽しめるシナリオですね。

ちなみに鏡をのぞいた結果は、魔獣使い的ポジションのシモンがうさちゃん、マスコットのうさぷきゅとごおすとがインコ、本棚が猫。
メイン宿では、盗賊がインコ、ヒーラーが兎、猫人が猫、リーダーがイノシシ、吸血鬼は…、ワーウルフはわんこでした。何気にクーポン対応していて驚きます。
いろんなパーティで何度でもプレイしたくなるシナリオです。

2018/01/02

「シスターズ」「シスターズAgain」感想

作者:SARUOさん
ジャンル:リンドウ姉妹が活躍するスタイリッシュ読み物&買い物バトル

「シスターズ」
陰謀とか結社とかな読み物。歴史とか組織の関係図とか把握するのが苦手なので、やってる間はわかってるつもりでしたが細かいところは忘れてしまいました(汗)
エミリアは加害者で被害者だったということだったのかな?
名前の紹介の仕方がスタイリッシュでカッコよく、バトルシステムがSARUOさんらしくてやりごたえあります。
BBAさんと忠誠心の高い使い魔がけっこう好きですね~。

「シスターズAgain」
バトルシステムがかなり変わって急激に難易度が上がりました。これを自力でクリアできる人ってどれくらいいるんだろう?
死んで覚えて試行錯誤しないと勝てないタイプで、ヒントが出ても何度も何度も何度もやり直してやっと倒せるレベルでした。
一応救済措置は用意してあるので、負け続けてると強力な必殺技を使えるようになります。でも、個人的には金に物言わせて装備を使い放題にしてくれた方がスカッとしただろうなぁ。必殺技に頼るのが悔しくて結局セーブ&ロードでやりました。金が余ってるメイン宿だったんでリトライでもよかったんですが、連戦だと2戦目でも最初に戻るのが苦痛で…。
とりあえず基本的な情報はいつでも確認できる、ヒントは一回負けた時点で、連戦はなし、装備が使い放題のイージーモードあり、とかだったら私みたいな難しいことを考えると激しい頭痛に襲われるような人でもストレスなく遊べたんじゃないかなぁと思いました。

いちおう、またいつか遊びたくなった時のために、購入できる装備などについての基本情報のメモを残しておきます。

花束   :プレゼントした相手のスキルを1回使用できるようになる。
ポーション:10まで回復
食べ物飲物:回復5/好物なら10まで回復、強化3
プロテクト:防御2、再行動
スロウ  :鈍足3、再行動
ミラージュ:反撃2
クリエイト:武器生成(マジックソード×3)
パラライズ:麻痺1、再鼓動
パワー  :強化2、再行動

<ジル>
基本 :ダガー(連撃2)
スキル:ジャック・ザ・リッパー(連撃4)
専用 :チェーンソー(強打8)
得意 :ブーメラン(攻撃1、再行動)、マンゴーシュ(連撃2、防御2)
好物 :缶コーヒー

<マライア>
基本 :クロスボウ(攻撃2)
スキル:ダークスティンガー(攻撃4、防御10)
専用 :デストラクション(魔法7)
得意 :エナジーボルト(魔法1、再行動)、ファイアーストーム(魔法4)、ライトニング(魔法4)
好物 :トマトジュース

<ケイ>
基本 :ガントレット(強打3)
スキル:レイジインパクト(強打7)
専用 :ウォーハンマー(強打6、防御2)
得意 :ブロードソード(攻撃3、防御2)、ロングスピア(攻撃4、防御2)、マジックソード(攻撃3、防御2)
好物 :チョコクレープ

<エミリア>
スキル:アストラルレイド(魔法5、強化2)
嫌い :ポーション、缶コーヒー、トマトジュース

<エミリー>
スキル:エボニースマイル(連撃2、強打)
得意?:すべての専用装備を扱える
好物 :チョコクレープ

2017/12/30

カードワースまとめ感想 クリスマス編その2

予告通り、クリスマス編その2です。その1はこちらからどうぞ。

「聖夜に走る冒険者」
年をとって一人じゃ配達できなくなったクラウスさんに代わって子供たちにプレゼントを届ける2人用読み物シナ。ほんわかした気持ちになれたし、サンタとトナカイの扮装をする二人を思い浮かべたら笑えた。最後に贈り物だと渡された箱はカードしか入ってなかったんだろうか?そこだけよくわからなかった。

「ひかりの街」
お人好しと下賤の出のちょっとしたクリスマス向け読み物。恋愛ではないけど喫茶店で紅茶を飲んでるので男女の方が違和感ないかも。あっさり目で、でも落ち着いた雰囲気の読みやすい短編でした。プレゼントに何を贈ったのかな?

「聖夜に駆ける配達人」
聖夜に指名で怪しげな依頼があり、プレゼントの配達をすることになる戦闘ありシナリオ。キャラが魅力的だし、PCの性格に合った選択肢(行動理由)を選べるのが良い。お人よしでも利己的でもOK。ラスボスは結構強くて3回目でやっと勝てました。戦闘を通して敵の技を会得するのが痺れます。事の真相はドラマがあってよかったし、聖夜にふさわしいものでした。

「ゆきうさぎのはな」
郊外の村へのお使いの最中に、花を探す女の子を手伝うほのぼの探索シナリオ。お人好しPC(ごおすと)と女の子のやりとりがとても可愛くて癒されました。しかし、妖精さんがやたらと埋まったり閉じこめられたり、仲が悪いんだろうか(汗)あと、親父に戦闘態勢まで取らせた冒険者たちの失態が気になる!あのプレゼントで親父の怒りは収まるかな?終盤の一枚絵もそれだけで物語が伝わってくるような素敵なものでした。

「降誕祭の樹」
親父さんの失敗で聖夜に依頼を押し付けられるお話。ツリーのための木を伐採するだけだけど、依頼主の段取りの悪さと間の悪さで行ったり来たり…。でも、親父さんに一つ貸しができたと思えばね。しばらくはネタにされそうだ(笑)

「Serenade」
娘さんが可愛い!好青年なPCも素敵でした。昔ながらのアドベンチャーゲームを思わせるつくりで「話しかける」「調べる」「移動する」のコマンドとか懐かしかったです。あと、個性的な子供たちのリーダー格がいい味出していて、数学のクイズを仕掛けてくるところが大人びた中に子供っぽさもあって良い。流れるような話運びで切ない部分もあったけど、またクリスマスに遊んでみたいと思いました。

2017/12/29

カードワースまとめ感想 クリスマス編その1

クリスマス向けシナをやろうとたくさんDLしといたら、クリスマスイブと当日ではプレイしつくせなかったという。あと10個以上になったのでその2に続きます。その2はこちらからどうぞ。

「聖誕祭の鼠退治(1~2)」
聖夜に遊ぶお金を稼ぐため、下水道でネズミ退治をするお話。イブになって遊ぶお金がないことに気付き、急遽依頼を探すという行き当たりばったりな生き方がさすが冒険者です。本棚が汚水まみれになっちゃったけど大丈夫だろうか…。しかし、この世界は下水道に住む魔術師率高いな(笑)

「言葉の積もる日」
カップル向けクリスマス読み物。謝る側と謝られる側を選んで二つの視点で物語が見られます。喧嘩して仲直りの方法を考えながらPCがうじうじしてるという流れは多いけど、そこに第三者が絡んできて奔走してくれるというのが面白い。ラブラブなのにすれ違ってヤキモキする二人も可愛かったし、仲直りの様子もニヤニヤでした。最後のおじいさんと相棒とのやり取りもいい。粋ですなぁ。

「聖夜を告げる冒険者」
聖夜にふさわしい心が温かくなるお話。…でも、よりにもよって人外ばかりのシモンサーカス団で受けちゃったのよね。シモンは確かに人間だから一瞬警戒するだろうけど、周りを見ればスライム・ごおすと・本棚でむしろNPCがホッとしそうな(むしろ混乱する?)状況になってしまいました。まあ、そういう状況も面白いから良かったけどね。いちおう種族:妖魔には対応しているみたいだから、ビホちゃん仲間にしてから来ればよかったかも。

「この日を特別に」
いつまでも踏ん切りがつかない片想いPCのために、娘さんが策をめぐらせて背中を押してくれる内容。二人にバレないように頑張る娘さんが可愛いですね~。手段を択ばない大胆さも素敵です。想いは同じなのかなと思える奥手な二人のやり取りもニヤニヤしました。二人の視点が切り替わるのもいい。しかし、大きなプレゼントだ(笑)

「聖夜の大騒動 ver2」
サンタクロースの風習が広まるきっかけのお話。司教さんがいい人ですが、ちょっとうっかりというか天然っぽいです。子供たちに夢を持ってもらいたいと村人の思いが一つになるところがいいですね。報酬を受け取らずに去っていったっぽいPCたちが素敵。

「聖夜の暗躍 Ver.1.1」
一つ前のバージョンでは「聖夜の大騒動」の続編ということだったので、同じお人好しPTで依頼を受けたんですが失敗でした(汗)ノリノリで暗殺しようとするから違和感が…。でも、後半のミッションはスリルがあって楽しめました。司教さんは意外とよくいるタイプの上から目線聖職者なのかな…。

「mint candy ☆ snow drop」
ほとんどボランティアで村の4人の子供たちにプレゼントを選んで届けるお話。聞き込みで手に入る情報が少ない気がしたけど、何が好きかな?と想像してプレゼントを選ぶのは楽しかったです。素直な子供たちとの交流も微笑ましいし、最後の子供たちの「ありがとう」にほっこり。しかし、近くの村の子供の情報まで売ってるリューンの盗賊ギルドが普通に怖い…。

「あわてんぼうサンタクロース」
配達メモを失くした新人サンタの依頼で、どの子にどのプレゼントを配るか推理するミニゲーム。サクッと遊べて、子供たちの喜ぶ姿にほっこりできます。「推理パズル好き」のクーポンと無限解錠&鑑定アイテムげっと。ケーキはみんなで仲良く食べたのかな?

「ある雪の日に(1~3)」
1人雪山を遭難してしまう探索シナ。どこまで行っても雪雪雪で心細さMAXでした。しかも、今度は洞窟の中に閉じ込められて真っ暗!さらに、調べたらあんなものまで出てきて、実際にその場にいたら冷や汗流しながら発狂しそうです。ホラーでした。

「聖夜に降りる子供の夢(2~3)」
超ラブラブバカップルが聖夜の前のお小遣い稼ぎで竜のうろこを拾いに行くお話。バカップルの会話が面白いけどPCを選ぶね…。py宿のメンヘラカップルがただのバカップルになって嬉しいです(笑)あそこまでお人好しになれるのも、隣に愛する人がいるからかも。青竜もいいドラゴンでした!竜の姿のままだったら連れ込んでたのに!

2017/12/26

『サニィウォーカーズ』シリーズ感想

作者  :理の元Qさん
ジャンル:NPC主体連作シナリオ

二回に分けてアップしようかと思ったけど、分かりづらくなりそうなので全体の感想をまとめていこうと思います。
全11作+番外編1作の長編シリーズです。これだけ長いのは初めてやりました。
NPC主導のシナリオで最初はちょっと置いてきぼり感があった(初期は瀕死のPC放置で話が進んでいくのが悲しい…)ものの、その魅力的なキャラクターたちの掛け合いが楽しくてぐいぐい引き込まれます。
正義感が強い天然ボケお兄ちゃんのジャックスと、「はわわ~」な妹レミィ、ジャックスに想いを寄せる才色兼備なご令嬢ヴァレリー、生意気でいつも一言多い自称:超天才魔術師エダイルら「サニィウォーカーズ」が繰り広げる物語の数々に、いつの間にか一緒になって一喜一憂しているんですよね。

あと、悪役も濃いキャラが多くて、とくに序盤の悪役だったゴルダインはいいキャラでした。頭脳担当?のルザークとの漫才がテンポよくて、ゴルダインの「ルザァーーーク!!」が出るとニヤニヤしてしまいます。
失敗したり八つ当たりでしょっちゅう減給になってるのに、なんだかんだでゴルダインの金魚の糞をしてるルザークさんはマゾなのか、他でやっていく自信がないのか…。
さらに、ゴルダインと親父さんが元冒険者仲間という設定も面白くて、とくに親父さんの若い頃のエピソードは今の親父さんからは想像もつかないようなもので爆笑でした。
後半になると胸糞悪い凶悪な敵が登場してシリアス展開が増えてくるですが、そんな時でもゴルダインが登場すると一気に雰囲気が明るくなります。サニィウォーカーズで一番のお気に入りキャラです。

他にも様々なNPCが登場してそれぞれが物語を持っていて、それが一つの物語に収束していくのが見事でした。
個人的に印象に残っている回は、アガレスとレミィが接近する6作目「交錯する思惑」やエダイルの過去がわかる7作目「カエルベキトコロ」、思わぬ二人が急接近する9作目「”死”が二人を別つまで」と、ドラゴンが可愛い番外編の「悪しき四竜騎士と小さなドラゴン」ですね。6作目からぐんぐん面白くなっていった印象です。
残念ながら最終回直前で未完となってしまったようですが、それはそれで「サニィウォーカーズ」は今も元気にやってると思えるので良かったかもしれません。

NPC主導でもOKな方におすすめのシリーズでした。

2017/12/22

カードワースシナリオ「聖夜にお届け空ネコ便」公開


対象レベル:2~4
形式   :すごろく風シナリオ
人数   :6人を想定(1人でも可能)
エンジン :Ver1.50以上

------------------------------------------------

また空猫ギルドのロロを出してみました。聖夜なのに地味でしんどい配達の仕事をするクリスマス向けすごろく風シナリオです。光精&風精を駆使して冬空を翔け抜け、こっそり忍び込んでプレゼントを届けてください!

鑑定、解錠、眠り、魔法の矢あたりを持っていれば問題なく進めると思います。光精&風精スキルは持ってなくても大丈夫。

また、ランダム発生するミニイベントで、デスコック(byくもつさん『冒険者の心得』)やこたつむり(byソイヤさん『賢者の塔の悪魔』)にちょこっと対応してみました。のんびり進めないと見られないかも?

最終更新 2017.12.25 聖夜にお届け空ネコ便 Ver 1.01 DL

(2017.12.25の更新内容)
▼ラストの救済措置が正常に働いてなかったのを修正。

***************************

また自分で描いた素材も公開してます。
今までの素材一括DL

【素材の内容】
Ask改変:フォウの瓶詰め、シルフィードの瓶詰め、ミニフォウ、ミニシルフィード
その他:空飛ぶサンタクロース、空飛ぶサンタクロースシルエット、流れ星2つ、敵アイコン、雪背景



【画像素材の利用規約】
CardWirthでの利用に限り、ご自由にお使い頂けます。
とくに、Ask改変画像については絶対にCardWirth以外で使用しないでください。
加工・合成、リプレイ、インポート、クロスオーバー、スクリーンショット、二次創作、ウェブ上以外での個人利用など、ご自由にどうぞ。
報告の必要はありません。

素材を使用した際には、シナリオのreadme.txtなどにyoinoの名前を表記して下さい。

ブログ名 指をり数へて
URL   https://nyaosuke.blogspot.jp/
管理人名 yoino

素材のみの二次配布は禁止します。
ただし、ブログ閉鎖・消失などで素材のダウンロードができなくなり、私と連絡がつかなかった場合に限り、代理配布を許可します。

2017/12/04

カードワースまとめ感想(2017/12/04)

頑張ってシナリオ制作中。クリスマスまでに完成させるべく頑張ってます…が、気を抜くと演出皆無の無味無臭ゲームになりがちで困る。なぜか常に容量削減目指してしまうんですよね~。
感想ストックは、長編シリーズを一つクリア済みなので2回分くらいは残ってます。

「みんなでゴブリンな洞窟(1~3)」
本当にみんなゴブリンです(笑)張りぼてな顔が怖い…。こうなってくると、いつもの選択肢もどれだか迷います。手に入ったアイテムに至っては、一瞬何のアイテムだかわからなかったほど。発想の勝利ですね。

「道中、森にて(1~2)」
すごろく風のシナリオを作ろうと思って、その前に他の人が作ったものがないか探して発見。すごろくはすごろくなんだけど、ダイスを二つ振って好きな方を選べるのが斬新。見える範囲も限られていて、妖精を踏んで何マスも戻されたかと思ったら、そこも妖精がいてぎゃーとなったり。低レベルから遊べるし、薬草や金貨拾いもあって楽しめました。

「そうだ、20チョットの猫を吸おう」
突然にゃんこのにおいを嗅ぎたがる冒険者…。わかるけどアレルギーになりそう。まあ、今回はうさぷきゅちゃんだったので大丈夫だろうけど。ぷきゅがネコに飛びついて匂いを嗅いでる図を想像して和みました。さりげなく犬派クーポンが手に入ります。

「そうだ、20の村を焼こう」
どっちを選んでも経験点がもらえるのが嬉しい。最初に焼こうと言ったのがカニャン様ではまり役すぎた(笑)

「めのう巡り」
だんだんと呪い説に信ぴょう性が増していくのが良かったです。話の展開もテンポがいいし。あと、ツンデレな親父さんも好き(笑)最後にめのうを持つ人で悩んだけど、生命力がダントツで高いごおすとにしたので割と大丈夫でした。さすが!珍しく「闇に隠れる」が役立ちました。

「カレンデュラの修道女」
ストーリー重視な中編探索シナ。邪神とか人類滅亡の危機とか、下手するとプレイヤーが置いてきぼりになるけど、この作品は全編シリアスかつ無理なく入り込めました。NPCとのやり取りも丁寧で、わずかな時間でも一緒に戦う仲間として見られたし、タイトルの意味が分かるラストもよかったです。

「敬虔なる聖北の徒」
6人のうち5人がエキストラとして参加する読み物シナ。100KB祭り参加作品ということで容量削減の方法が斬新です。しかも、そのネタでちゃんとオチを付けてるところがさすが。ちょうど悪役パーティにぶっ飛んだ感じの連れ込みシスターがいたので、すごく嵌りました。「無意味にツケを滞納しろ!」に噴いた。こんな冒険者ばっかりだとホント親父さんは苦労するね。

「遺跡破壊の依頼」
頭のいかれた貴族の依頼で遺跡を破壊する狂い系シナ。戦う相手はもちろん…(笑)お金に目がくらんで容赦ない冒険者たちの狂いっぷりが良かったです。しかし、高く売れたはずのものが売れないとは…。冒険者が歯ぎしりして悔しがる様子が目に浮かびます。

「リバーシ」
亭主・宿の娘・ダスキンとオセロができるミニゲームシナ。カードワースでここまで…。対戦相手の次の手が遅い時があって、考えてる~って感じでした。相手の強さは私的には丁度良くて、暇な時に遊ぶのにピッタリです。

「30時間の残業」
推奨レベルは3~10くらいかな?レベル1で挑んだらすぐやられて焦った。残業つえぇ~。何度も頑張って3ラウンド未満で倒しました。PCの喜びの声が聞けて嬉しかったです。

2017/11/18

カードワースまとめ感想(2017/11/18)

また感想アップするの忘れてました。まだ残ってるので、暇な時にまたアップします。

「とある冒険者のありきたりな話」
とある冒険者のついてない人生についての語りから始まるんだけど、淡々としていながらぐいぐい引き込まれる文章でした。人生を垣間見たという感じ。そこに少しだけ触れた冒険者たちの想いや、依頼した親父さんの気持ちが沁みるね~。健気なフォウ様にハートを持っていかれます。

「夢を追う」
直接的なホラー表現はないのに、静かにひやっとした空気が流れてくるような作品でした。冒険者してると、この手の出来事はちょくちょくあるのかなぁ。

「赤き封書」
一人用短編シナ。渋いです。冒険者に届く赤い封筒…。ターゲットの戦い方をよく知っている同じ宿の冒険者に届くものなんだろうか…。本人からの頼みとは言え、親父さんのところに届いたのはギルドの意向っぽいし。道を誤れば次はお前の番だぞと戒めるため?こういう裏の世界を垣間見ると世界観に厚みが増しますね。選んだPCがすごくハマりました。

「20ヤード先にいたよっつの子」
迷子の子を送り届けるお話。その場所は…。子供は喜んでいたから良かった良かった。でも、こんなことにばかり遭遇している冒険者は、もう片足突っ込んでそうだね(汗)

「20人の緑髪の妹」元ネタを知らないけど、可愛いのに20人で包丁持って襲ってくる恐怖のインパクトにやられました。回復アイテムを持ってるので全体攻撃が出ないと結構戦闘が長引くかも。これで妹が欲しくなったらいつでも連れ込めるね!

「トトリスからリューンまで」
依頼を終えてリューンへの帰り道、冒険者は寄り道をして…という展開。行動を選べるので悪人プレイもできるし、上手く立ち回って得することができる。鍵も売れるっていうのが徹底してますね。沼地で例の生き物の被害に遭うお約束が嬉しいし、うちのPTは生身っぽい人が団長のみなので笑った。スライムや幽霊、本棚にまで吸い付くんだ(笑)解錠技能がなくても頑張ればどうにかなる安心設計で見習いたいです。

「転ばぬ先のほにゃららら」
おぉ、冒険者って感じのミニゲーム!情報カードを見ながら「あれは必要、これはいらない」と考えるのが楽しかったです。悩んだかいあって、一発で荷造りのプロの称号をもらえました。得意げになってる寝坊PCが、ツッコミにぴしゃりと言われて「はい」と答えるところが可愛い。

「魔導師の試験(3~5)」
魔導師の卵たちが作ったダンジョンを攻略するシナリオ。きっと張り切って召喚したんだろうなぁ。この経験をもとに、将来冒険者を窮地に陥れるダンジョンを作るんだろうか…?(笑)

「裏路地」
眼の色クーポンに対応した読み物シナ。高レベルで悪い奴には容赦しない系冒険者向けですね。NPCが_1の場所に表示されて、冒険者はいいところで登場して助けるの超かっこいい!子供にお菓子をあげたのは、優しさ&口止め料なのかな?

「赤に染まる」
心の闇とかに対応している二人用読み物シナ。恋人や片思い、相棒な関係でもよくて、片方が暗殺とかしてる。短いけど読ませる文章でした。PCが嵌ればぐいっと引き込まれます。慰める側のさりげない優しさが心にしみます。

2017/11/09

本スキル・アイテムが手に入るシナリオ

新しく連れ込んだ本棚に本スキルを持たせようと思って店巡りをしてました。
本というだけあって知力適性が多いです。あと、ちゃんと本に意味のあるスキルが意外と多かったですね。
例のごとく、今後追記していくかもしれません。

<スキル>

『手品師と黒猫の館』作者:島兎さん
知力と精神1枚ずつ(絵のみ)暴露

『宵楽都市サテラバス』作者:Leeffesさん
精神2枚(片方は絵のみ)魔法攻撃と技能配布・交渉
知力1枚(絵のみ)翻訳・解読・暗号解読・暴露

『小さな砂漠の集落に』作者:Leeffesさん
知力9枚、召喚、回復系多め

『サフランの書庫』作者:青闇さん
知力社交13枚、回避が下がる、攻撃魔法多め

『とりまの問屋』作者:鳥羽亭さん
知力7枚、回避が下がる、精神に働きかける、KC:本

『リューングリモワールザ・ベスト』作者:りんどうさん
知力14種類(リューンの魔法の本互換、絵のみ)

『安定都市ミドナ』作者:(仮)さん
知力内向5枚、攻撃魔法と技能配布

『忘れ水の都』作者:指環さん
知力1枚、精神に働きかける

『冒険者の宿で』作者:jimさん
知力慎重1枚(絵のみ)技能配布、暴露、解読

『Welcome to Adroad!!』作者:AACWProjectさん
知力社交3枚(一つは絵のみ)技能配布、召喚、KC:本(BlackPulletのみ)

『四色の魔法陣』作者:飛魚さん
知力12枚(絵のみ)魔法系攻撃多め

『知る者ぞ知るとある宿』作者:浜崎さん
知力3枚、精神に作用、回避が下がる
精神3枚、精神に作用、回避が下がる
筋力3枚、攻撃系、少し回避が下がる

『トトリスからリューンまで』作者:伊礼さん
知力慎重1枚、技能配布、召喚、KC:解読


『強欲者の書籍棚』作者:月城さん
筋力2枚:物理系攻撃
精神1枚:召喚、KC:鑑定、解読、魔力感知、生命感知
知力1枚:鑑定

『鍵のない庭』作者:野良ヤギ子さん
筋力4枚:物理攻撃多め

『風渡り』作者:焼きフォウの人さん
精神6枚(絵のみ)魔法系、聖職者向け

『瑠璃の都グリューンブルク』作者:キリタチさん
筋力3枚、魔法的物理、_厚き信仰必須

『記憶の館』作者:南瀬さん
知力平和1枚(絵のみ)、味方全体に防御抵抗アップ、聖職者向け


<アイテム>

『ペテンザム』作者:アーティさん
技能3枚を味方1人に

『リューン枯れ葉通り』作者:小柴さん
クーポン所持:技能・フェイント配布、KC:魔力感知
クーポンなし:戦闘中に物理攻撃

『安定都市ミドナ』作者:(仮)さん
知力内向4枚、属性攻撃や技能配布、抵抗が上がる

『酔いどれ天使亭』作者:クエストさん
知力狡猾1枚、死霊術師専用、技能配布

『Welcome to Adroad!!』作者:AACWProjectさん
知力好戦1枚、物理攻撃


『フォーチュン・ベル』作者:Djinnさん
器用適正、技能配布

『歯車都市ギアウッド』作者:Leeffesさん
精神適正、カード交換、沈黙解除(アイテムと交換?)

『風渡り』作者:焼きフォウの人さん
精神1枚、_厚き信仰と特定のスキル所持必須、技能3枚配布(イベントで入手)

『忘れ水の都』作者:指環さん
精神1枚(12回)沈黙解除、精神を回復
知力1枚(12回)様々な魔法を召喚

2017/10/26

ゴブ洞改変まとめ感想

なんかゴブ洞が続いたのでまとめて。

「ゴ・・・の洞窟(1~3)」

ゴ…ってなんだろうと思ってたらあれか(笑)男女二人用探索シナ。男女なら友達くらいの関係でもOK。むしろうちのPY宿のヤンデレカップルで突入してたら違和感ありまくりだったろうから、魔術師二人で入ってよかった。こんな洞窟なので宝箱を開ける時も身構えてしまいます(笑)賢者の杖互換の「極みの杖」げっと!

「おかしな洞窟(1~3)」

たしかに色々とおかしい(笑)我が宿にも生クリーム中毒者が誕生してしまいました。マスコットだったので違和感なし。あの機械が壊れなければ大儲けだったのにね。というか世界の食糧事情が変わりそうだ…。

「Chasing sugar(1~3)」

優しい世界ですね~。柔軟に対応する冒険者が素敵です。背景やNPCのデザインがおとぎ話の国の雰囲気にぴったり。プーイーちゃんの解説にもなごみます。

「ゴブりんのDO窟/ギャル語のDO窟(1~3)」

何言ってるのかところどころわかんない(笑)賢者の杖互換アイテムの解説もそんな感じで、ちゃんと訳が書いてあるのに笑った。コボちむとか呼び方が可愛い。

「勢いがすごいゴブ洞(1~3)」

とにかく叫んでるだけなんだけど、この勢いに笑うしかない。腹式呼吸してますね!杖の説明みてわかったけど、元ネタは「エキサイティン」のCMか(遅い…)。よし、それを踏まえて再突入。あのナレーションで脳内再生してきます。

「はじめてのゴブリンのどうくつ(1~3)」

かわいー!最初はいつもと違う様子の親父にビックリとしたけど、子供向け教材みたいな雰囲気がとても可愛いです。カードの解説とかも全部易しい口調にしてあるー。はじめてでも安心だね!

「ゴブリンの洞窟の洞窟(1~3)」

一瞬本家かと思った。平然としている冒険者たちが図太いというか、麻痺してるというか…。杖がもはや杖じゃない!(笑)

「蛮族の洞窟」

こういう顔がハッキリ出ているキャスト絵で、ずらーっと同じ顔が並んでると怖い(笑)下っ端がやる気出してきて結構強かったです。最後に幸運のお守りがどうのと出てきたけど何だったんだろう?手に入る首飾りは成功率が100%じゃないので、使うより売って回復アイテムを買った方がいいかな。

「妹の洞窟」

いもうと(笑)確かに迷惑かもしれないけど、とりあえず冒険者に依頼を出す村人たちが…。慣れてるのか?そして連れ込み後のオチに笑うしかない。

「電波なゴブリンの洞窟(1~3)」

冒険者たちが電波に(笑)小ネタがたっぷり詰め込まれたゴブ洞でした。手に入るアイテムが凝ってて楽しいですね。ぜひ洞窟内で使ってみよう!そして依頼後、まさかの報酬に噴きました。好きです。